工学院大学

工学院大学公式アカウントです。工学院大学を知っていただくために、様々な情報をお届けします。

工学院大学

工学院大学公式アカウントです。工学院大学を知っていただくために、様々な情報をお届けします。

    マガジン

    • 学園広報マガジン mado

      1970年に創刊された学園広報誌「窓」 2022年からは工学院大学noteからも情報を発信します。 学園内の活動や出来事、ちょっとした情報にフォーカスし、 様々な視点で本学の魅力を紹介していきます。 多彩な「窓」からの「情景」をお楽しみください。

    • 卒業生の活躍

      工学院大学の卒業生たちは、どんな学生生活を歩み、社会に出てどんな仕事に就いているのでしょうか?多様な分野で活躍する卒業生たちの等身大の姿をご紹介します。

    • 授業に潜入!

      工学院大学で行われている授業に潜入して、授業内容や学生の感想などをお伝えします。

    • 内定者体験記

      春から社会人になる先輩は、本学でどんなことを学び、どのような職業に就職するのでしょうか?この企画では、面接対策や就職活動時のエピソードをお聞きしました。

    • Action! × 工学院大学

      探究心を持った人たちが集まるところ。 ものづくりに心惹かれる人が集う場所。 テクノロジーで社会課題に立ち向かう場。 Action!をキーワードに、一言では表しきれない「工学院大学らしさ」を伝えます。

    リンク

    記事一覧

    東京産ハチミツでものづくり 初めての期間限定ショップ

    みつばちプロジェクト(みつプロ)とScience Create Project(SCP)は、8月20日(土)、21日(日)に京王聖蹟桜ケ丘ショッピングセンターで初めての一般販売を行いました。 KUTE…

    工学院大学
    12日前

    しんじゅくこどもまつり 大学生が地域の子どもたちを笑顔に

    工学院大学新聞会は、大学唯一の学生メディアとしてイベントや部活動を取材しています。学生の視点で、工学院大生のキャンパスライフをお届けします! 8月7日(日)に、新宿…

    工学院大学
    2週間前

    首都直下地震の新たな被害想定 おさえておきたい3つのポイントを解説

    今年、東京都の首都直下地震等による被害想定 が10年ぶりに更新されました。私たちはこの発表をどのように捉え、何をすべきなのでしょうか。 9月は防災月間ですので、防災…

    工学院大学
    3週間前

    新宿アトリウム 大都会で楽しむデジタルアート

    あらゆるモノがネットにつながるIoTが普及し、現代ではさまざまなリアルタイムデータを取得・保管することが可能になりました。 ビッグデータはアート分野でも活用されてお…

    工学院大学
    1か月前

    生活に身近なパッケージ開発で暮らしの利便性を高める

    プラスチックフィルムは、食品から日用品まで暮らしに近いところで幅広く用いられ、私たちの生活に欠かせないものとなっています。静岡県で創業し、現在は東京に本社を置く…

    工学院大学
    1か月前

    セキュリティ×最新技術で未来のホワイトハッカーを育成 攻撃防御のPDCAをまわす、サイバーセキュリティ演習

    工学院大学では、実験やPBL(問題解決型学習)科目を各学科で実施しており、講義で学んだ知識を実感し、実践力を身に付けることをめざしています。この企画では特徴的な実…

    工学院大学
    2か月前

    お客様のニーズを第一に 道路交通システムを支えるエンジニア

     私たちの生活に欠かせない車や電車などの交通機関。信号などの保安システムが安全で円滑な交通インフラを支えています。車両用・歩行用信号機や周辺機器の研究開発から保…

    工学院大学
    2か月前

    卵の殻が電子機器の素材に?技術革新に挑む電気電子工学科 相川研究室

    高機能デバイスは、スマホや半導体にも使われている回路基板など、私たちの便利な生活に欠かせません。最近は、環境に配慮した技術革新であることも重要です。今回は、電気…

    工学院大学
    3か月前

    みつばちプロジェクトのハチミツ配合 KUTE Honeyハンドソープが完成

    最近、学内の手洗い場におしゃれなハンドソープが置いてあるのにお気づきですか?この製品は、みつばちプロジェクトとScience Create Projectの学生たちが企画・開発しま…

    工学院大学
    3か月前

    NHK学生ロボコンに2年連続出場決定!初優勝を狙う工学院大学ロボットプロジェクト

    工学院大学ロボットプロジェクト(以下、KRP)は、6月12日に開催される「NHK学生ロボコン2022」への出場が決定しました! 大会に出場するには、多くの競合チームを破り、書類…

    工学院大学
    3か月前

    21世紀工手 明日へ 芳澤一夫画伯に、芸術観を訊く

     小田原を拠点に創作活動を続ける日本画家 芳澤一夫氏に、本学の目指す人材育成像となる、現代的なエンジニアリング・リーダー「21世紀工手」を題材にした作品を制作して…

    工学院大学
    3か月前

    中目黒が舞台 建築学部で「お店屋さんごっこ」

    建築デザイン学科 塩見研究室では、毎年、学部4年生の学生たちが「お店屋さんごっこ インテリアデザインのお勉強」と題した展示企画を開催しています。 6年目を迎える今…

    工学院大学
    3か月前

    対面授業は10時10分スタート!キャンパスライフイノベーション 始動

     学生の成長・自立を加速する“学び”の改革「キャンパスライフイノベーション」が2022年度からスタート。対面・遠隔授業のメリットを活かした時間割編成を組むことが可能…

    工学院大学
    4か月前

    工学院大学 初の落語家 三遊亭律歌師匠

    工学院大学の卒業生は10万人余り。工学・工科系を中心にしながらも、幅広い分野での活躍もうかがえます。卒業生インタビューvol.7では、工学院大学出身で初の落語家 三遊亭…

    工学院大学
    4か月前

    TV番組で人類5,000年の課題に挑戦!  -内定者体験記 Vol.6

    2022年2月5日放映のテレビ朝日 タモリ倶楽部「人類5000年の難問に挑戦 大学対抗!ストローのズズズ音 解消大作戦」に出演した、機械工学専攻 修士2年(当時)の蒲谷 純太さ…

    工学院大学
    5か月前

    早い段階からのリサーチがオススメ!工科系就活を強力サポートする就職支援センター

    工学院大学の特徴を紹介する動画 Action! #15 では、高い就職率や満足度を誇る、工科系就職活動の強い味方、就職支援センターをご紹介します。 新宿キャンパス2階と八王子…

    工学院大学
    5か月前

    東京産ハチミツでものづくり 初めての期間限定ショップ

    みつばちプロジェクト(みつプロ)とScience Create Project(SCP)は、8月20日(土)、21日(日)に京王聖蹟桜ケ丘ショッピングセンターで初めての一般販売を行いました。 KUTE Honey シリーズのハンドクリーム、ハンドソープ、入浴料を販売したところ、2日間で20万円以上売り上げ大盛況でした。SCPは、販売ブースの横でふわふわスライムを作る科学実験ブースを出展し、400人以上の親子連れが実験を楽しみました。 みつばちプロジェクトのハチミツ配合 KU

    スキ
    5

    しんじゅくこどもまつり 大学生が地域の子どもたちを笑顔に

    工学院大学新聞会は、大学唯一の学生メディアとしてイベントや部活動を取材しています。学生の視点で、工学院大生のキャンパスライフをお届けします! 8月7日(日)に、新宿西口中央公園で「しんじゅくこどもまつり」(主催:Criacao Shinjuku、株式会社JM)が開催されました。ブースを出展したまち開発プロジェクト-Smart Tech-(以下、まち開発プロジェクト)、Science Create Project(以下、SCP)を取材しました。 インタビューに答えてくれたの

    スキ
    8

    首都直下地震の新たな被害想定 おさえておきたい3つのポイントを解説

    今年、東京都の首都直下地震等による被害想定 が10年ぶりに更新されました。私たちはこの発表をどのように捉え、何をすべきなのでしょうか。 9月は防災月間ですので、防災・減災の研究が専門の久田嘉章教授にお話を伺いました。久田教授は、今回の被害想定を策定するにあたって東京都防災会議地震部会の専門委員を務めました。 新しい被害想定の概要都心南部直下地震(M7.3)が発生した場合、都内の被害は、死者6,148人、負傷者は9万3,435人、揺れや火災による建物被害は19万4,431棟、

    スキ
    4

    新宿アトリウム 大都会で楽しむデジタルアート

    あらゆるモノがネットにつながるIoTが普及し、現代ではさまざまなリアルタイムデータを取得・保管することが可能になりました。 ビッグデータはアート分野でも活用されており、近年では多くの企業やアーティストが、デジタルアートによる空間演出に取り組んでいます。 新宿駅から徒歩5分に位置する工学院大学の新宿アトリウムでも、デジタルアートを楽しめるのを知っていましたか? プロジェクションマッピングの映像と中央のキネティックウォール(動く壁)の動きや放つ光が組み合わさり、大都会のいまを表

    スキ
    4

    生活に身近なパッケージ開発で暮らしの利便性を高める

    プラスチックフィルムは、食品から日用品まで暮らしに近いところで幅広く用いられ、私たちの生活に欠かせないものとなっています。静岡県で創業し、現在は東京に本社を置くサンエー化研は、プラスチックフィルム加工の技術を生かして、さまざまな包装資材を製作する会社。入社して3年目となる前本さんは、研究スタッフとして新たな製品の開発に取り組んでいます。 Q1.株式会社サンエー化研ではどのようなお仕事をされていますか? 所属する軽包装グループでは、レトルトカレーの袋やゼリーのカップに使用さ

    スキ
    8

    セキュリティ×最新技術で未来のホワイトハッカーを育成 攻撃防御のPDCAをまわす、サイバーセキュリティ演習

    工学院大学では、実験やPBL(問題解決型学習)科目を各学科で実施しており、講義で学んだ知識を実感し、実践力を身に付けることをめざしています。この企画では特徴的な実験等の授業に潜入し、授業内容や受講している学生の感想を紹介します。 第1回目は情報学部コンピュータ科学科3年生で実施している「サイバーセキュリティ演習」です。 私たちの生活に必要不可欠なPCやスマートフォン。安心・安全に利用するためにはセキュリティ対策が重要です。フィッシング詐欺や不正アクセスなど、私たちの身近に

    スキ
    35

    お客様のニーズを第一に 道路交通システムを支えるエンジニア

     私たちの生活に欠かせない車や電車などの交通機関。信号などの保安システムが安全で円滑な交通インフラを支えています。車両用・歩行用信号機や周辺機器の研究開発から保守管理までを一貫して行っている交通システム電機株式会社。通信技術部に所属し、電気設計者として活躍する広田さんに、お仕事の内容や学生時代の思い出を伺いました。 Q1. 交通システム電機株式会社でどのようなお仕事をされていますか? インフラ業界向け業務用無線機器の電気設計・プログラム設計を行っています。お客さまの仕様に合

    スキ
    5

    卵の殻が電子機器の素材に?技術革新に挑む電気電子工学科 相川研究室

    高機能デバイスは、スマホや半導体にも使われている回路基板など、私たちの便利な生活に欠かせません。最近は、環境に配慮した技術革新であることも重要です。今回は、電気電子工学科の高機能デバイス研究室(指導教員:相川慎也准教授)での研究生活に焦点をあてインタビューしていきます。 卵の殻が電子機器の素材になる? ―森さんは、卵殻膜を利用した、環境にやさしい柔軟な回路基板の作製を提案しました。改めて、発表内容を教えてください。 森さん: ゆで卵の殻をむくと、白くて硬い殻の下に薄い半透

    スキ
    7

    みつばちプロジェクトのハチミツ配合 KUTE Honeyハンドソープが完成

    最近、学内の手洗い場におしゃれなハンドソープが置いてあるのにお気づきですか?この製品は、みつばちプロジェクトとScience Create Projectの学生たちが企画・開発しました。 KUTE Honey ハンドソープ東京産天然ハチミツの恵み キャンパスで採蜜した天然ハチミツをたっぷり配合。さっぱりとした洗い心地ですが、天然保湿成分が肌の潤いを逃がしません。ハチミツの甘い香りがリラックス効果をもたらします。 濃密な泡を楽しむ ハンドソープを製品化するにあたって、学生た

    スキ
    7

    NHK学生ロボコンに2年連続出場決定!初優勝を狙う工学院大学ロボットプロジェクト

    工学院大学ロボットプロジェクト(以下、KRP)は、6月12日に開催される「NHK学生ロボコン2022」への出場が決定しました! 大会に出場するには、多くの競合チームを破り、書類審査と2度にわたるビデオ審査を通過する必要があります。 KRPは、2018年以降、審査を通過できず悔しい思いをする年が続きましたが、2021年から2年連続で出場権を獲得しました。 6月12日の大会に向けて、KRPの学生2名に、これまでの活動や大会の見どころについてインタビューしました。 ―2年連続の

    スキ
    9

    21世紀工手 明日へ 芳澤一夫画伯に、芸術観を訊く

     小田原を拠点に創作活動を続ける日本画家 芳澤一夫氏に、本学の目指す人材育成像となる、現代的なエンジニアリング・リーダー「21世紀工手」を題材にした作品を制作していただきました。抽象画という手法で、モノづくりの姿勢と視点を見る者に問いかける作品となっています。学生はもちろん本学に関わる皆様に何かを感じ取ってもらいたいと、芳澤画伯は語ります。 この作品への想い、芸術観など、工学院大学の玉川雅之常務理事がお話を伺いました。 (玉川常務理事) まずは、工学院大学の人材育成像「21

    スキ
    52

    中目黒が舞台 建築学部で「お店屋さんごっこ」

    建築デザイン学科 塩見研究室では、毎年、学部4年生の学生たちが「お店屋さんごっこ インテリアデザインのお勉強」と題した展示企画を開催しています。 6年目を迎える今年のコンセプトは、「ここで見つける新たな『スキ』」。研究室の学生さん2名に、企画の趣旨や作品の見どころを聞きました。 ー「お店屋さんごっこ」はどんな企画ですか? 植松さん: 塩見研究室の学生たち一人一人がお店をプロデュースし、建築模型として形にしました。決められているのはこの計画の場所と躯体条件だけで、その他はす

    スキ
    110

    対面授業は10時10分スタート!キャンパスライフイノベーション 始動

     学生の成長・自立を加速する“学び”の改革「キャンパスライフイノベーション」が2022年度からスタート。対面・遠隔授業のメリットを活かした時間割編成を組むことが可能となりました。  noteでのmado第1弾は、今年度からの時間割改革に向けた背景や学生に向けた想いなどを教学担当副学長の蒲池みゆき教授に伺いました。 Q.2022年度の授業方針について、大きな時間割改革を打ち出しました。そこに至る背景を教えてください。  コロナ禍前もオンライン授業は試行しておりましたが、20

    スキ
    13

    工学院大学 初の落語家 三遊亭律歌師匠

    工学院大学の卒業生は10万人余り。工学・工科系を中心にしながらも、幅広い分野での活躍もうかがえます。卒業生インタビューvol.7では、工学院大学出身で初の落語家 三遊亭律歌師匠の登場です。本学在学中は化学を学びIT企業勤務を経て、落語界での実績を重ね、本年3月に真打ちに昇進されました。 ー真打ち昇進おめでとうございます。工学部出身の落語家は珍しいですよね。頭の回転の速い方が多いと思いますが、実は論理的な理系世界だったりするのでしょうか? 師匠:しっかり聞いたことはないので

    スキ
    11

    TV番組で人類5,000年の課題に挑戦!  -内定者体験記 Vol.6

    2022年2月5日放映のテレビ朝日 タモリ倶楽部「人類5000年の難問に挑戦 大学対抗!ストローのズズズ音 解消大作戦」に出演した、機械工学専攻 修士2年(当時)の蒲谷 純太さん。4月から就職先の日立製作所で、新生活を送っています。 ストローで飲み物を飲むときに発生する「ズズズ」という音はどうやって解消できるのか。蒲谷さんの大学生活を振り返りつつ、お聞きしました。 Q1. 改めて、ズズズ音解消の提案内容を教えてください。瞬間プッシュメソッドという、「気柱共鳴」を発生させない

    スキ
    9

    早い段階からのリサーチがオススメ!工科系就活を強力サポートする就職支援センター

    工学院大学の特徴を紹介する動画 Action! #15 では、高い就職率や満足度を誇る、工科系就職活動の強い味方、就職支援センターをご紹介します。 新宿キャンパス2階と八王子キャンパス18号館4階に構える就職支援センターの心強いサポート&サービスを知って、ぜひ多くの学生に活用いただきたいと思っています。 動画内では内定を得た学生のコメントが掲載されていますが、どのようなサポートが受けられるのでしょうか。 今回は就職支援センターのスタッフにオススメの就職活動の進め方やセンタ

    スキ
    5