工学院大学

工学院大学公式アカウントです。工学院大学を知っていただくために、様々な情報をお届けします。

工学院大学

工学院大学公式アカウントです。工学院大学を知っていただくために、様々な情報をお届けします。

    マガジン

    • 卒業生の活躍

      工学院大学の卒業生たちは、どんな学生生活を歩み、社会に出てどんな仕事に就いているのでしょうか?多様な分野で活躍する卒業生たちの等身大の姿をご紹介します。

    • 学生メディア Kogakuin Times

      工学院大学新聞部が運営する学内唯一の学生メディアです。新聞部の学生たちが、イベントや課外活動を取材し、在学生の活動や大学の様子をお届けします! 新聞会運営サイト Kogakuin Times https://kogakuintimes.com/

    • 学園広報マガジン mado

      1970年に創刊された学園広報誌「窓」 2022年からは工学院大学noteからも情報を発信します。 学園内の活動や出来事、ちょっとした情報にフォーカスし、 様々な視点で本学の魅力を紹介していきます。 多彩な「窓」からの「情景」をお楽しみください。

    • 授業に潜入!

      工学院大学で行われている授業に潜入して、授業内容や学生の感想などをお伝えします。

    • 就職活動体験記

      春から社会人になる先輩は、本学でどんなことを学び、どのような職業に就職するのでしょうか?この企画では、面接対策や就職活動時のエピソードをお聞きしました。

    リンク

    卒業生の活躍

    工学院大学の卒業生たちは、どんな学生生活を歩み、社会に出てどんな仕事に就いているのでしょうか?多様な分野で活躍する卒業生たちの等身大の姿をご紹介します。

    すべて見る
    • 20本

    システムエンジニアとして幅広い業種・業界のお客さまに貢献する

    情報学専攻卒業生の原田大輔さんが、世界最大規模の総合印刷会社・凸版印刷を選んだのは、その知名度よりシステムエンジニアとして自分の可能性を広げられる仕事の幅広さが魅力でした。先端技術を含めて未知の仕事にチャレンジする自信を養ったのは、認知情報学研究室で学んだ人の行動と伝える技術。学生時代の学びが今の仕事にどう活きているか迫りました。 Q1.工学院大学で力を入れた学びは?何かを見る・触るといった、人の認知機能を科学的アプローチにより解明する認知情報学です。私はそのなかで目の錯覚

    スキ
    1

    学生時代に経験したトライ&エラーを 最先端の情報通信の現場で活かす

    いまでは誰もが気軽に視聴できるインターネット映像配信サービスですが、それを可能にするために高度な情報通信技術が活用されています。株式会社U-NEXTは、映像配信サービス大手「U-NEXT」を運営する一方で、独自の情報通信技術の開発に取り組み、光インターネットサービスの「U-NEXT光」や、MVNO(仮想移動体通信事業者)事業「y.u mobile」へのインフラ提供など、幅広い事業を展開しています。花井雅人さんは、それらの研究開発を担うR&D本部に所属し、インフラエンジニアとし

    長寿命かつ安全性の高い「全固体電池」の製品化に挑む

    マクセル株式会社で、硫化物系固体電解質を用いた世界初の「全固体電池」の製品化に挑んでいる松岡尚輝さん。長寿命かつ安全性の高い全固体電池は、次世代の社会に求められている重要な製品です。大学時代から一貫して固体電解質の研究に取り組んできた松岡さんに、今のお仕事のやりがいや大学時代の経験などについてお聞きしました。 Q1.マクセル株式会社ではどのようなお仕事をされていますか?安全で長寿命な次世代電池として社会から注目を浴びている「全固体電池」の設計を行っています。全固体電池は、今

    工学的知見を結集させ地球環境の保全に貢献

    日立造船株式会社は、ごみ焼却発電施設をはじめとして、地球環境の保全やカーボンニュートラルな社会の実現に貢献する多様な設備開発を展開しています。2020年から研究員として勤務しているのが、工学研究科機械工学専攻を修了した櫻井優矢さん。在学中にリサイクル工学研究室で熱化学的変換技術を研究した成果が、現在の業務にダイレクトに活かされていると話す櫻井さんに、具体的な仕事内容や今後のビジョンなどをお聞きしました。 Q1.日立造船株式会社ではどのようなお仕事をされていますか?私が勤務す

    スキ
    3

    学生メディア Kogakuin Times

    工学院大学新聞部が運営する学内唯一の学生メディアです。新聞部の学生たちが、イベントや課外活動を取材し、在学生の活動や大学の様子をお届けします! 新聞会運営サイト Kogakuin Times https://kogakuintimes.com/

    すべて見る
    • 3本

    工学院大学附属中高 文化祭に潜入!大盛況の2日間

    こんにちは、工学院大学新聞会です。大学唯一の学生メディアとして工学院大学のキャンパスライフをお届けしています。 今回は工学院大学附属中学校・高等学校の文化祭「夢工祭」に9月にお邪魔しました。 今年の夢工祭のスローガンは、「仲間と共にLet's enjoy your dream」。脱出ゲームやお化け屋敷、カジノゲームなどの多彩なクラス企画、ダンス部や吹奏楽部のステージ発表、屋台販売など、約60の出し物でにぎわいました。 夢工祭開催の中心となった生徒会長・夢工祭実行委員長のお

    スキ
    7

    今週末開催!4年越しの八王子祭にかける想い

    こんにちは、新聞会のタオタオです!工学院大学新聞会は、大学唯一の学生メディアとして活動しています。 いよいよ10/8(土)から10/9(日)にかけて工学院大学八王子キャンパスで八王子祭が開催されます。 そこで、今回は工学院大学学園祭実行委員 八王子祭実行部 部長の宮川 純一(みやがわ じゅんいち)さんと八王子祭実行部 広報局長の臼井 理帆(うすい みちほ)さんにお話を伺いました! 第60回八王子祭がいよいよ今週末開催 ー八王子祭の見どころを教えてください。 臼井さん:

    スキ
    12

    しんじゅくこどもまつり 大学生が地域の子どもたちを笑顔に

    工学院大学新聞会は、大学唯一の学生メディアとしてイベントや部活動を取材しています。学生の視点で、工学院大生のキャンパスライフをお届けします! 8月7日(日)に、新宿西口中央公園で「しんじゅくこどもまつり」(主催:Criacao Shinjuku、株式会社JM)が開催されました。ブースを出展したまち開発プロジェクト-Smart Tech-(以下、まち開発プロジェクト)、Science Create Project(以下、SCP)を取材しました。 インタビューに答えてくれたの

    スキ
    12

    学園広報マガジン mado

    1970年に創刊された学園広報誌「窓」 2022年からは工学院大学noteからも情報を発信します。 学園内の活動や出来事、ちょっとした情報にフォーカスし、 様々な視点で本学の魅力を紹介していきます。 多彩な「窓」からの「情景」をお楽しみください。

    すべて見る
    • 15本

    首都直下地震で、大都市はどうなる? 高層ビルの被害を解説

    今年、東京都の首都直下地震等による被害想定 が10年ぶりに更新され、工学院大学noteでは、新しい被害想定のおさえておきたい3つのポイントを公開しました。 今回は、大都市で予想される被害について、前回に引き続き防災・減災の研究が専門の久田嘉章教授にお話を伺いました。 高層ビルを大きく揺らす長周期地震動とは?マグニチュードが7程度以上の大規模の地震が発生すると、大振幅の長周期地震動が生じます。この地震動は、周期(揺れが一回往復するのにかかる時間)1~2秒以上で長くゆったりと揺

    スキ
    10

    鉄道開業150周年の今、考えるべきこと 〜高木 亮教授(工学部)✕大内田 史郎教授 (建築学部)対談〜 後編

    鉄道開業150年を記念した電気電子工学科 高木教授と建築デザイン学科 大内田教授の対談。前編では鉄道・駅の歴史中心の話題でした。後編では鉄道の未来や交通システムをテーマにお伝えします。 東京の鉄道はすべてが小さすぎる!?―ここまで駅舎をテーマにお話を伺ってきましたが、鉄道という交通システム全般で見ると、どのような課題や未来があるでしょうか。 高木:大きな課題として、日本の鉄道、特に東京周辺については駅の数も路線数もプラットホームの本数も少ないと思います。都市の規模に比べて

    スキ
    11

    鉄道開業150周年の今、考えるべきこと 〜高木 亮教授(工学部)✕大内田 史郎教授 (建築学部)対談〜 前編

    社会が大きく変わる今、鉄道にも変革が求められている。―今回は鉄道開業150年を記念しての対談です。まずは、鉄道と深い関わりを持つ研究を行ってきたおふたりが、150周年という節目をどう捉えているか教えてください。 高木:鉄道は今、大きな変革のチャンスを迎えていると考えています。150年前の開業以来、鉄道は日本の交通システムを支える存在として大きな力を持ってきました。そしてその力は、都市部を中心に今後も維持されると考えています。一方で、この150年の社会構造の変化に、鉄道が対応

    スキ
    15

    小伊津町の魅力を発信する海辺カフェを考えよう! Day2

      2022年7月31日と8月1日の2日間、地元島根県立平田高等学校の地域協働学習プログラムとして、小伊津町に実在する漁師小屋を活かした海辺カフェを高校生と大学院生が提案するワークショップの様子を記載しています。Day2では2日目の様子をお伝えします。 Day1はこちらをご確認ください。 2日目は模型製作!  1日目にまとめたコンセプトシートをもとに、2日目は模型の制作に取り掛かります。大学院生が持参した建築模型製作用のアイテムを使いながら、漁師小屋を企画したカフェに仕立

    スキ
    9

    授業に潜入!

    工学院大学で行われている授業に潜入して、授業内容や学生の感想などをお伝えします。

    すべて見る
    • 2本

    作って、揺らして、壊して、建物の構造を学ぶ

    工学院大学では、実験・実習やPBL(問題解決型学習)科目を各学科で実施しており、講義で学んだ知識を実感し、実践力を身に付けることをめざしています。 この企画では、工学院大学ならではの授業に潜入し、その様子をご紹介します。 「建物が壊れるとはどういうことか」を知る建築学部2年生の授業「構造基礎実験」では、座学で学んだ構造力学、各種構造(RC構造・鋼構造・木質構造)、耐震などの減災・防災について、実習を通して学びを深めます。実社会で見ることが難しい建物が壊れる様を観察することで

    スキ
    11

    セキュリティ×最新技術で未来のホワイトハッカーを育成 攻撃防御のPDCAをまわす、サイバーセキュリティ演習

    工学院大学では、実験やPBL(問題解決型学習)科目を各学科で実施しており、講義で学んだ知識を実感し、実践力を身に付けることをめざしています。この企画では特徴的な実験等の授業に潜入し、授業内容や受講している学生の感想を紹介します。 第1回目は情報学部コンピュータ科学科3年生で実施している「サイバーセキュリティ演習」です。 私たちの生活に必要不可欠なPCやスマートフォン。安心・安全に利用するためにはセキュリティ対策が重要です。フィッシング詐欺や不正アクセスなど、私たちの身近に

    スキ
    39

    就職活動体験記

    春から社会人になる先輩は、本学でどんなことを学び、どのような職業に就職するのでしょうか?この企画では、面接対策や就職活動時のエピソードをお聞きしました。

    すべて見る
    • 6本

    TV番組で人類5,000年の課題に挑戦!  -就職活動体験記 Vol.6

    2022年2月5日放映のテレビ朝日 タモリ倶楽部「人類5000年の難問に挑戦 大学対抗!ストローのズズズ音 解消大作戦」に出演した、機械工学専攻 修士2年(当時)の蒲谷 純太さん。4月から就職先の日立製作所で、新生活を送っています。 ストローで飲み物を飲むときに発生する「ズズズ」という音はどうやって解消できるのか。蒲谷さんの大学生活を振り返りつつ、お聞きしました。 Q1. 改めて、ズズズ音解消の提案内容を教えてください。瞬間プッシュメソッドという、「気柱共鳴」を発生させない

    スキ
    11

    プログラミング×建築デザインの可能性を探る -就職活動体験記 Vol.5

    今回の内定者体験記は建築デザイン学科の野末さん。4年間建築と向き合い続けたキャンパスライフだったと振り返る野末さんから就職活動の体験談や、力を注いだ設計課題についてエピソードをお聞きしました。 Q1. 工学院大学に入学を決めた理由は?  小学生の頃からモノづくりが大好きで、「大きい建物に携わって人を幸せにしたい」と考えていました。両親が趣味で設計図を描いていた影響もあり、意匠設計に興味を持ちました。高校3年生になり進学先を探していく中で工学院大学を知り、オープンキャンパスに

    スキ
    10

    就職支援センターなどのアドバイスを有効活用 -就職活動体験記vol.4

    春から社会人になる先輩は、本学でどんなことを学び、どのような職業に就職するのでしょうか?この企画では、面接対策や就職活動時のエピソードをお聞きしました。 Q1. 工学院大学に入学を決めた理由は? マーケティングに興味があり、ITを用いた経営を学びたいと考えていました。工学院大学のホームページで三木先生の研究室を発見し、魅力を感じたのがきっかけです。 そして、留学にも興味があり、「まずは海を渡る!」がコンセプトであるハイブリッド留学®に魅力を感じて、入学を決めました。 Q2

    スキ
    9

    大学院進学で説明力の向上を実感 -就職活動体験記 Vol.3

     内定者体験記第3弾は「よなよなエール」でおなじみのクラフトビール製造メーカー、株式会社ヤッホーブルーイングに内定している野崎さんにお話しを伺いました。 Q1. 工学院大学に入学を決めた理由は?  もともとは国立大学を第一志望にしていましたが、思うような結果が出ず、3月の入試で受験し合格した工学院大学へ進学することにしました。進学するからには在学中は色々なことに挑戦し、楽しもうという気持ちで入学式を迎えました。 Q2.内定先の企業を志望した理由は? アメリカンビールを提供

    スキ
    7