工学院大学

工学院大学公式アカウントです。工学院大学を知っていただくために、様々な情報をお届けします。

工学院大学

工学院大学公式アカウントです。工学院大学を知っていただくために、様々な情報をお届けします。

    マガジン

    • 学園広報マガジン mado

      1970年に創刊された学園広報誌「窓」 2022年からは工学院大学noteからも情報を発信します。 学園内の活動や出来事、ちょっとした情報にフォーカスし、 様々な視点で本学の魅力を紹介していきます。 多彩な「窓」からの「情景」をお楽しみください。

    • 卒業生の活躍

      工学院大学の卒業生たちは、どんな学生生活を歩み、社会に出てどんな仕事に就いているのでしょうか?多様な分野で活躍する卒業生たちの等身大の姿をご紹介します。

    • 授業に潜入!

      工学院大学で行われている授業に潜入して、授業内容や学生の感想などをお伝えします。

    • 内定者体験記

      春から社会人になる先輩は、本学でどんなことを学び、どのような職業に就職するのでしょうか?この企画では、面接対策や就職活動時のエピソードをお聞きしました。

    • Action! × 工学院大学

      探究心を持った人たちが集まるところ。 ものづくりに心惹かれる人が集う場所。 テクノロジーで社会課題に立ち向かう場。 Action!をキーワードに、一言では表しきれない「工学院大学らしさ」を伝えます。

    リンク

    記事一覧

    お客様のニーズを第一に 道路交通システムを支えるエンジニア

     私たちの生活に欠かせない車や電車などの交通機関。信号などの保安システムが安全で円滑な交通インフラを支えています。車両用・歩行用信号機や周辺機器の研究開発から保…

    工学院大学
    2か月前

    卵の殻が電子機器の素材に?技術革新に挑む電気電子工学科 相川研究室

    高機能デバイスは、スマホや半導体にも使われている回路基板など、私たちの便利な生活に欠かせません。最近は、環境に配慮した技術革新であることも重要です。今回は、電気…

    工学院大学
    3か月前

    みつばちプロジェクトのハチミツ配合 KUTE Honeyハンドソープが完成

    最近、学内の手洗い場におしゃれなハンドソープが置いてあるのにお気づきですか?この製品は、みつばちプロジェクトとScience Create Projectの学生たちが企画・開発しま…

    工学院大学
    3か月前

    NHK学生ロボコンに2年連続出場決定!初優勝を狙う工学院大学ロボットプロジェクト

    工学院大学ロボットプロジェクト(以下、KRP)は、6月12日に開催される「NHK学生ロボコン2022」への出場が決定しました! 大会に出場するには、多くの競合チームを破り、書類…

    工学院大学
    3か月前

    21世紀工手 明日へ 芳澤一夫画伯に、芸術観を訊く

     小田原を拠点に創作活動を続ける日本画家 芳澤一夫氏に、本学の目指す人材育成像となる、現代的なエンジニアリング・リーダー「21世紀工手」を題材にした作品を制作して…

    工学院大学
    3か月前

    中目黒が舞台 建築学部で「お店屋さんごっこ」

    建築デザイン学科 塩見研究室では、毎年、学部4年生の学生たちが「お店屋さんごっこ インテリアデザインのお勉強」と題した展示企画を開催しています。 6年目を迎える今…

    工学院大学
    3か月前
    お客様のニーズを第一に 道路交通システムを支えるエンジニア

    お客様のニーズを第一に 道路交通システムを支えるエンジニア

     私たちの生活に欠かせない車や電車などの交通機関。信号などの保安システムが安全で円滑な交通インフラを支えています。車両用・歩行用信号機や周辺機器の研究開発から保守管理までを一貫して行っている交通システム電機株式会社。通信技術部に所属し、電気設計者として活躍する広田さんに、お仕事の内容や学生時代の思い出を伺いました。

    Q1. 交通システム電機株式会社でどのようなお仕事をされていますか? インフラ業

    もっとみる
    卵の殻が電子機器の素材に?技術革新に挑む電気電子工学科 相川研究室

    卵の殻が電子機器の素材に?技術革新に挑む電気電子工学科 相川研究室

    高機能デバイスは、スマホや半導体にも使われている回路基板など、私たちの便利な生活に欠かせません。最近は、環境に配慮した技術革新であることも重要です。今回は、電気電子工学科の高機能デバイス研究室(指導教員:相川慎也准教授)での研究生活に焦点をあてインタビューしていきます。

    卵の殻が電子機器の素材になる?
    ―森さんは、卵殻膜を利用した、環境にやさしい柔軟な回路基板の作製を提案しました。改めて、発表内

    もっとみる
    みつばちプロジェクトのハチミツ配合 KUTE Honeyハンドソープが完成

    みつばちプロジェクトのハチミツ配合 KUTE Honeyハンドソープが完成

    最近、学内の手洗い場におしゃれなハンドソープが置いてあるのにお気づきですか?この製品は、みつばちプロジェクトとScience Create Projectの学生たちが企画・開発しました。

    KUTE Honey ハンドソープ東京産天然ハチミツの恵み
    キャンパスで採蜜した天然ハチミツをたっぷり配合。さっぱりとした洗い心地ですが、天然保湿成分が肌の潤いを逃がしません。ハチミツの甘い香りがリラックス効果

    もっとみる
    NHK学生ロボコンに2年連続出場決定!初優勝を狙う工学院大学ロボットプロジェクト

    NHK学生ロボコンに2年連続出場決定!初優勝を狙う工学院大学ロボットプロジェクト

    工学院大学ロボットプロジェクト(以下、KRP)は、6月12日に開催される「NHK学生ロボコン2022」への出場が決定しました!
    大会に出場するには、多くの競合チームを破り、書類審査と2度にわたるビデオ審査を通過する必要があります。
    KRPは、2018年以降、審査を通過できず悔しい思いをする年が続きましたが、2021年から2年連続で出場権を獲得しました。

    6月12日の大会に向けて、KRPの学生2名

    もっとみる
    21世紀工手 明日へ 芳澤一夫画伯に、芸術観を訊く

    21世紀工手 明日へ 芳澤一夫画伯に、芸術観を訊く

     小田原を拠点に創作活動を続ける日本画家 芳澤一夫氏に、本学の目指す人材育成像となる、現代的なエンジニアリング・リーダー「21世紀工手」を題材にした作品を制作していただきました。抽象画という手法で、モノづくりの姿勢と視点を見る者に問いかける作品となっています。学生はもちろん本学に関わる皆様に何かを感じ取ってもらいたいと、芳澤画伯は語ります。
    この作品への想い、芸術観など、工学院大学の玉川雅之常務理

    もっとみる
    中目黒が舞台 建築学部で「お店屋さんごっこ」

    中目黒が舞台 建築学部で「お店屋さんごっこ」

    建築デザイン学科 塩見研究室では、毎年、学部4年生の学生たちが「お店屋さんごっこ インテリアデザインのお勉強」と題した展示企画を開催しています。
    6年目を迎える今年のコンセプトは、「ここで見つける新たな『スキ』」。研究室の学生さん2名に、企画の趣旨や作品の見どころを聞きました。

    ー「お店屋さんごっこ」はどんな企画ですか?

    植松さん:
    塩見研究室の学生たち一人一人がお店をプロデュースし、建築模型

    もっとみる