見出し画像

3年分の想いをつないだ新宿祭 「和」の空間にあふれる笑顔

工学院大学

こんにちは、新聞会です。大学唯一の学生メディアとして工学院大学のキャンパスライフをお届けしています。

この記事のライター
工学院大学新聞会 いゆみ
情報学部コンピュータ科学科1年 / 趣味:Youtubeを見ること / 苦手なこと: 暗記 / 大学生活の楽しみ:生協のパン

11月18日から3日間、新宿キャンパスで学園祭「第73回新宿祭」が行われました! 装飾が今年のテーマ「和」の世界観で統一されており、会場全体がまとまった雰囲気でした。アーティストライブや声優トークショーをはじめ、ステージ企画や教室企画、模擬店など催しが充実しており、多くの来場者でにぎわった3日間をレポートします。

はじめに、企画・運営をされた学園祭実行委員会の方にお話をうかがいました。インタビューに答えてくださったのは、学園祭実行委員会 新宿祭実行部部長の金刺賢汰さん(情報学部システム数理学科3年)です。

新宿祭実行部部長 金刺賢汰さん

―どのような気持ちで新宿祭に挑みましたか?

金刺さん:
今年の新宿祭は3年ぶりに外部の方が来られる学園祭でした。この数年間は学園祭の中止や規模縮小が続き、私たち3年生にとっては最初で最後の対面開催でした。仲間たちとともに準備してきたことを信じて、当日は参加団体や来場者の方々とともに楽しむということを忘れずに、やりきる思いで挑みました。
初めてのことだらけでしたが、同期や先輩方、後輩たちの支えがあり、無事に終えることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。任期自体は終わりましたが、これからの学園祭をより良いものにできるよう引き継いでいきたいと思います。

―準備で一番力を入れたことはなんですか?

金刺さん:
当日の運営を事前にシミュレーションして、課題を解決していくために話し合いを重ねました。
自分たちが楽しまなければ来場者の方も楽しむことができないので、楽しみつつやるところはやる、というメリハリを意識していました。

苦楽を共にした仲間たち

ここからは、ステージ企画や教室企画をいくつか紹介します。実際にインタビューもしましたので、ぜひご覧ください!

教室展示 VRプロジェクト

3日間で来場者が200人をこえたVRプロジェクトの体験展示。VRと聞くとゴーグルによる視覚体験を想像していましたが、手足での触覚も組み合わせた体験ができました。

展示していたのは、VR学会が主催する歴史ある大会「Interverse Virtual Reality Challenge(IVRC)」で2次審査まで進んだ2作品です。
1つ目は「Pulled In The Air」。スパイダーマンのように空中を移動する時の糸に引っ張られる感覚と、風の感覚による爽快感を再現しています。糸に引っ張られる感覚は小型血圧器を改造した圧迫装置、風の感覚による爽快感は直流モーターを使って自作した首掛け扇風機を用いています。体験者がレイ(手首から出ている直線)を飛ばすと、糸がくっついた場所に移動を始めます。装置は、Unity側から送られる数値に応じて作動します。

2つ目は「超次元VR野球」。現実世界では本来一瞬である、野球ボールとバットが接触する瞬間を持続的に体感できます。漫画やアニメでよく見る、バットとボールが競り合うシーンを再現しており、体験者がボールを打ち返す動作をすると、バットに取り付けられたロープと後方の自作制御装置によって、ボールが当たる感覚と持続的なインパクトの感覚を味わえます。バットを振り切ると同時に、バットの速度に応じた初速度でボールが飛んでいき、飛距離が表示されます。一定以上の距離であればホームランの演出が流れます。

VRプロジェクト代表 阿部功暉さん

VRプロジェクト代表
阿部功暉さん(情報学部情報デザイン学科2年) コメント

私たちは普段、IVRC大会に向けた活動をメインに行っています。leap stage(決勝)に進出できれば国際的な大会に招待されるチャンスがあります。今年は2作品がseed stage(2次審査)に進み、決勝進出には至りませんでしたが、制作にかけた時間や作品を発表し多くの人に見てもらった経験は無駄ではなかったと思います。
また、全国のVRサークルとの情報交換を目的とした全国学生VRサークル活動報告大会2022にも参加したほか、作品を作るうえで欠かせないblenderやUnityといったアプリケーションの技術向上にも励んでいます。先輩による講義や課題形式で日々実力を研鑽しています。

3日間の新宿祭では、自分たちが制作したものを小学生からご年配の方まで幅広い世代に体験していただき、とても嬉しかったです。今回の経験を生かして、より多くの方に楽しんでもらえる作品づくりをしていきたいです。今後もVRプロジェクトをよろしくお願いいたします。


SIGMA LIVE 2022

アカペラサークル-Σ-(シグマ)

アカペラサークル-Σ-によるステージ「SIGMA LIVE 2022」では、素敵な歌声が会場中に響きわたりました。それぞれの歌声が一体となって曲を作り上げている様子はとても圧巻でした。

約50分間のステージでは、嵐メドレーなど盛り上がる曲も多くありました
アカペラサークル-Σ-代表 野村泰雅さん

サークル代表 野村泰雅さん(建築学部建築学科3年) コメント
4年生にとっては今回の新宿祭が最後のステージでした。また、彼らが1年生の時に初めて立ったステージも新宿祭でした。思い入れのある「最初のステージ」で最後の演奏ができたことは、感慨深いものであったと思います。

3年生は、1年生の頃からコロナ禍の影響を受けていたため、大勢の人の前で演奏できるこの機会を大事にしたいという想いでステージに立ちました。後輩たちも「久しぶりの先輩とのステージを全力で楽しめた」「八王子祭のときよりも聞き手の心に届く歌が歌えた気がする」と満足した表情を浮かべていました。初めて新宿祭のステージを目にした1年生は、先輩の演奏を聴いて明確な目標を持つことができたようです。

演奏終了後、たくさんの方に「よかった」「楽しかった」と声をかけていただけたことは大変ありがたく、うれしいことでした。今回のステージの成功は、これまで尽力してくださった全ての方のおかげです。本当にありがとうございました。そして、これからもアカペラサークル-Σ-の応援をどうぞよろしくお願いいたします。

教室展示 モデルロケットプロジェクト

実際に打ち上げられたモデルロケットなどを見ながら、ロケットについて学ぶことができる教室展示。日常でロケットに触れる機会は少ないので、興味をもって訪れた方も多いのではないでしょうか。

モデルロケットプロジェクト代表 三好勇輝さん

モデルロケットとは、主に火薬を使い高度30メートル程度飛行するロケット。飛行したあとに上空でパラシュートが展開してゆっくりと落下します。展示していたモデルロケットのうち2機は実際に全国大会で打ち上げた機体だそうです。
ハイブリッドロケットは液体の酸化剤と固体燃料の化学反応によって推力を得るロケットで、来年の夏に行われる予定の能代宇宙イベントで打ち上げを考えているそうです。
その他にもハイブリッドロケットに関するパネルの展示があり、プロジェクトの方がロケットについて詳しく説明をしてくれました。

モデルロケットプロジェクト代表
三好勇輝さん(先進工学部応用化学科2年) コメント

現在の活動では主に、ハイブリッドロケットの製作を行っています。機体の設計製作を行う機体班、打ち上げる際の地上支援装置の製作と運用を行う燃焼班、パラシュートの開散機構のプログラミング等を行う電装班に別れて製作をしています。
新宿祭では、たくさんの方に足を運んでいただき、ロケットに興味を持っていただいた方もいて大変うれしかったです。
来年夏に制作中のハイブリッドロケットを打ち上げることを目標に、日々精進して参ります。これからもモデルロケットプロジェクトをよろしくお願いします!

教室展示 自然科学研究部

自然科学研究部(自然研)の展示「とびだせ八王子の社」では、虫の標本や宝石などが机一面に並んでいました。知識が無くても見ているだけで面白いので、子供から大人まで様々な方が訪れていました。

活動紹介、研究発表、自然研の鉱物コレクション、昆虫の標本を展示していました。自然研の活動紹介では、「きせてこ」というおもしろい言葉が使われていました。気象班活動、生物班活動、天文班活動、鉱物班活動の頭文字をとって「きせてこ」と呼ぶそうです。研究発表は、夏休みを使って各自興味があるテーマについてまとめていました。

自然科学研究部代表 廣木杏美さん

新宿祭で展示した鉱物は部室に保管してあるものの一部だけで、部室には歴代の先輩方がミネラルショーで購入したものなど、貴重なコレクションがたくさんあるそうです。今回の新宿祭では、宝石などよく知られているものを中心に選び、簡単な解説付きで展示をしました。昆虫の標本は自作で、そのほとんどが八王子キャンパスの裏山で採れた昆虫とのこと。来場者に、八王子の自然豊かさが伝わったのではないでしょうか。

自然科学研究部代表
廣木杏美さん(先進工学部応用物理学科3年)コメント
気象、生物、天文、鉱物の4分野に関する活動を行う自然研では、八王子キャンパスを中心に近くの川で生き物の観察をしたり、毎年6月頃には1ヶ月間ほぼ毎日ホタル観察をしたりしています。部室に望遠鏡やカメラもあるので、冬には天体観測も行います。OBの方からのお誘いで水晶採掘や野鳥観察、連星勉強会などに参加する機会もあります。
活動は不定期ですが、扱っている分野が幅広く、個人の興味に合わせた活動ができることが自然研の魅力です。

新宿祭の3日間は、あっというまに過ぎてしまいました。予想よりも多くの方にお越しいただき、嬉しい気持ちでいっぱいです。熱心に展示をみてくださる方や、標本やキラキラした石に興味を示してくれた小さなお子さんを見て、とてもやりがいを感じました。今後も八王子祭、新宿祭では展示をする予定です。また足を運んでいただけますと幸いです。

鉄人29階

最後にご紹介するのは、鉄人29階!工学院大学新宿キャンパスの最上階である29階まで階段で駆け上がり、タイムを競う新宿祭には欠かせない恒例企画です。3日間を通じて約150人が参加し、新宿祭を大きく盛り上げました。

1人で挑む個人の部と3人で協力するチームの部があり、自分に合った方を選ぶことができます。

スタッフの説明をしっかり聞いて挑みます

新聞会のメンバーからも、北尾太一さん(コンピュータ科学科1年)が個人の部に挑みました!結果は6分5秒。「その場の勢いで参加しましたが、立ってもいられないくらいに疲れました。素直にエレベーター使いましょう。」と参加を終えての率直な感想を話してくれました。噂以上のハードなチャレンジだったようです。

なんと今年のトップタイムは、3分48秒とのこと。ものすごく暇な人や足の速さに自信のある人は、来年の新宿祭で挑戦してみてはいかがでしょうか?

ゴールエリアで記念撮影もできます!

✏学生ライター 編集後記
私にとっては初めての新宿祭でしたが、大学ならではの企画力や知見の高さを感じられる文化祭でとても楽しかったです。子供からご年配の方まで幅広く楽しんでいる様子がうかがえて、とても良いイベントでした。
今回の取材では不慣れなこともあったので、今後の取材では反省点を生かしよりよい記事を書けるよう努めたいです。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!