見出し画像

東京産ハチミツでものづくり 初めての期間限定ショップ

工学院大学

みつばちプロジェクト(みつプロ)とScience Create Project(SCP)は、8月20日(土)、21日(日)に京王聖蹟桜ケ丘ショッピングセンターで初めての一般販売を行いました。
KUTE Honey シリーズのハンドクリーム、ハンドソープ、入浴料を販売したところ、2日間で20万円以上売り上げ大盛況でした。SCPは、販売ブースの横でふわふわスライムを作る科学実験ブースを出展し、400人以上の親子連れが実験を楽しみました。

みつばちプロジェクトのハチミツ配合 KUTE Honeyシリーズ

今回販売したKUTE Honey シリーズは、みつプロとSCPの学生たちが、化粧品メーカーと協働で企画・開発しました。原材料には、キャンパスで養蜂、採取したハチミツが使われています。リラックス効果を誘うハチミツの甘い香りと天然ハチミツ由来の保湿効果が特徴です。
2018年には入浴料「KUTE Honey in the bath」、2019年から2020年にかけて「KUTE Honeyハンドクリーム」、2022年に「KUTE Honeyハンドソープ」を製品化しました。

期間限定ショップをゼロから準備

みつプロもSCPも販売は、未経験。既存の店に商品を置いてもらうのではなく、京王聖蹟桜ケ丘ショッピングセンターの屋外スペースに自分たちで期間限定ショップを作り上げる必要がありました。
販売が決定した7月中旬から、約1ヵ月で準備を進めました。現地視察を経て、SCPの科学実験の内容や当日のレイアウトを決め、必要な物品の手配を進めました。大学の広報とも連携し、学内外で販売を告知しました。

8月初めに現地を視察。この場所に自分たちでショップを立ち上げます!

製品を紹介するポップを制作し、店頭の飾りつけも学生たちで考えました。普段の活動が伝わるように、養蜂写真や養蜂着、巣箱などを用意しました。長時間の屋外での対応となるため、各団体で熱中症にならないように活動シフトの管理を徹底しました。さらに、実験ブースが混雑したときのために整理券を用意するなど、当日をイメージしてできる限りの準備を行いました。

売上20万円達成 大盛況の2日間

当日は朝10時からスタート。1日目の開店直後からたくさんのお客様にお越しいただきました。大学で採れたハチミツで製品を作っていることを伝えると驚く人が多数。多くの方が、ハチミツを天然保湿成分として使われていることに興味をもってくださいました。ハチミツの甘い香りや付け心地、洗い心地が好評でした。

巣箱や養蜂着を飾って普段の養蜂活動も紹介
街頭での呼び込みも頑張りました!

科学実験ブースも午後には待ち列ができるほど盛況でした。KUTE Honeyハンドソープを入れて、ハチミツの香りがするふわふわのスライムを作りました。実験のあとは、SCPの学生たちが子どもたちの年齢に合わせて解説し、楽しく学んでもらいました。夏休みのすてきな思い出になったようです。

好きな色のスライムができました

日経新聞などメディアに多数掲載

今回の販売をきっかけに、KUTE Honeyシリーズは、メディアにも取り上げられました。8月17日に日本経済新聞の「キャンパス発この一品」に掲載。記事をご覧いただいた方から、多くのお問い合わせをいただきました。
さらに、9月上旬にはみつばちプロジェクトがJ:COMチャンネル「ジモト応援!つながるNews」に出演。プロジェクトの活動やKUTE Honeyシリーズを紹介しました。この他にも、販売についてWEBニュースに掲載されました。

J:COMチャンネル「ジモト応援!つながるNews」 収録のようす

学内企画も実施

今年は、学内でも知ってもらう取り組みを強化してきました。大学と連携し学内のあらゆる手洗い場に、KUTE Honeyハンドソープを設置。さらに、八王子キャンパスでハンドソープをプレゼントするクイズラリーを企画したところ、70名以上の応募がありました。

クイズラリー当選者にハンドソープをプレゼント

5年間の活動が実を結んだ夏

2018年に入浴料を初めて作ったころは、学内でみつプロやSCPを知る人は多くありませんでした。製品の企画・開発はもちろんですが、数年かけて学内イベントでの配布、企業とのコラボ、SNSでの発信、大学と連携した広報活動など、その時にできることをコツコツと積み上げてきました。その結果、歴代の先輩たちも目標としてきた初めての一般販売が、今夏に実現しました。
今後も次の販売や企画に向けて活動の幅を広げていく予定です!応援よろしくお願いします。

みつばちプロジェクト代表 末久 祐仁さん コメント
今回のイベントで、KUTE Honeyボディケアシリーズを購入して頂いたお客様に心よりお礼申し上げます。また、京王電鉄株式会社の皆様をはじめ、多くの支援者・関係者のご協力のもとでイベントの実行・成功できたことを大変感謝しています。
イベントを通じてお客様と接する事で、店舗運営の厳しさを少し実感することができ、大変勉強になりました。今回のイベントでの経験を生かし、多くの方々に認知・応援して頂けるようなプロジェクトに成長していきたいと思います。

Science Create Project 代表 榎澤 球人さん コメント
今回のイベントを通して、地域の皆様の笑顔や「また実験をやりたい」といった言葉に触れ、科学教室のやりがいを再確認できました。今後も様々な場所で科学イベントを実施して参りますのでお気軽にご参加いただければ幸いです。
また販売ブースだけでなく、科学教室の場を提供してくださった京王電鉄株式会社の皆様に、この場を借りて心よりお礼申し上げます。


この記事が参加している募集

夏の思い出

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!